• ニッポン住宅JAFとは
  • 支援内容
  • 入会のご案内
  • 住宅資材一覧
  • 住宅法律相談

ニッポン住宅JAF 社長ブログ

2015年7月25日 土曜日

親の権威の喪失


画像元:クリエイティブ・コモンズ・ジャパン



近頃の世の中では、個人の権利が年齢や役割、地位に見境
が無く、それが社会現象として一般社会、学校、家庭にま
でもごく当然のものとして言われるようになってきていま
す。



そのことが原因なのか、親の権威や指導力が子供になか
なか伝わらず、親の役割としての立場が、子供たちに期
待されにくくなっている感があります。


祖父母や両親の権威を感じてその指導力が生かされてい
た時代で、その人たちに感化されて育った現代の親達は、
自らが親の役割として考えていた親の姿と、自分自身が
親になっての役割と立場とが、今、現況に立たされその
ギャップを目の当たりにし、親として役割の遂行方法に
ついて見つけにくくなってきています。


近頃の社会は、一昔前のような、ゆったりとした経済社
会ではなくなり、自分たちの生活費、子供の養育費、塾、
習い事、様々なローン返済等々のために、共稼ぎを余儀
なくされる家庭が増えています。
その為、日常の生活は、子供とコミュニケーションを図る
機会が極端に減少しています。


その一方で、溢れかえるマスメディアからの情報、無制限
に溢れかえる豊か過ぎる物で洪水の様になった社会環境が、
子供たちに直接、また間接的に関与し、影響を与えること
が多くなってきています。


それらの影響が、子供に対する権威や抑制力を弱めた親を
飛び越えて、目の前にいる子供達を感化し、親達が抱く理
想的な子供像から、親が制御できない、逸脱した現状の子
供の姿を、生み出しているのではないでしょうか・・・。


このような社会の状況自体が、親の自信喪失感を増大させ、
さらにその他さまざまな要因によって子どもを育てること
に自信と喜びを与えられず、不安感ばかりを募らせている
親たちの存在が、段々増えているような気がします。
そして、こうした不安要素が人びとを子育てから遠ざけて、
少子化現象に加担しているのかもしれません。


これらの社会現象の要因を克服するため、また手遅れにな
らないように、社会全体で真剣に考え、今すぐにでも何ら
かの対策の知恵を、見つけ出す必要に迫られています。



最後まで読んで頂き、どうもありがとうございます。
皆様のご意見を、うかがえれば、大変嬉しいです。
戸谷奉公のEメール・・・tomo@nj-jaf.com


よろしければクリック↓をお願いいたします。




投稿者 ニッポン住宅JAF