• ニッポン住宅JAFとは
  • 支援内容
  • 入会のご案内
  • 住宅資材一覧
  • 住宅法律相談

ニッポン住宅JAF 社長ブログ

2015年7月17日 金曜日

サッパリした食べ物


画像転載元:「ゆんフリー写真素材集」


外に出ると途端に汗が噴き出してくるほどの夏日が続いて
いますが、毎日の暑さのせいか、食事のほうはサッパリ
たものが欲しくなります。


そんな時の我が家の定番は、もりそば、そうめん、冷麦です。
ツルツルと喉越しがよくスルッとお腹に入り、食欲を満たし
てくれます。


よい機会なので、長い事疑問に思いながらそのままにしてお
いた、「そうめん」「冷麦」の違いを調べてみました。


両方とも原材料は小麦粉で、それをうどんと同じように塩と
水を加えてこねる所までは同じです。


その後、細く伸ばすときに油を使っていないのが冷麦です。
JAS規格では、太さ1.3ミリ~ 1.7ミリまでのもの、
それ以上は「うどん」となるそうです。


逆に油を使って伸ばすのがそうめんです。
JAS規格では、1.3ミリまでのものを差すことが分かり
ました。


暑い日が続くと身体の代謝が活発になり、疲労が蓄積しや
すい状態になります。あまりサッパリした食事ばかり摂っ
ていると、この時期は免疫力が落ち、風邪をひきやすくな
るとも言われています。


また、栄養バランスを考えないと、秋口になってから立ち
くらみが起きるなどの貧血症状が起きることもあるそうで
すから気を付けたいものです。


貧血の原因鉄分の不足が第一です。
それを予防するためには、体中に酸素を運ぶヘモグロビン
の生成の元となる
鉄分
赤血球の生成の原料になる蛋白質
を同時に取ることが重要になります。


「サッパリ」だけではダメで、時々は「コッテリ」した食
事が大事なのです。



最後まで読んで頂き、どうもありがとうございます。
皆様のご意見を、うかがえれば、大変嬉しいです。
戸谷奉公のEメール・・・tomo@nj-jaf.com


よろしければクリック↓をお願いいたします。




投稿者 ニッポン住宅JAF