• ニッポン住宅JAFとは
  • 支援内容
  • 入会のご案内
  • 住宅資材一覧
  • 住宅法律相談

ニッポン住宅JAF 社長ブログ

2015年7月16日 木曜日

「呼吸」は、意識して行うべし






















生物にとって「呼吸をすること」は、いうまでもなく重要な
事ですが、普段意識して行うことではないので、上手に出来
ていない人が、意外と少なくないようです。


呼吸で取り込んだ酸素は、肝臓で38%も消耗します。
次に心臓が20%で、脳が28%つかいます。


呼吸は「呼(吐く)」と「吸(すう)」の2文字を組み合わ
せた言葉ですが、字の順序通り「呼(吐く)」息が大事なの
です。
この呼気が充分でないと、体内から発散された諸々のガスを
体内に残留させてしまい、その成分が身体に悪影響を及ぼす
ことになるのです。
ヨガ・気孔・太極拳などは、この呼気に重要な要素を含めて、
所作にしています。


人は緊張すると、この呼気がおろそかになって心臓が「ドキ
ドキ」してしまうことがあります。


そんな時は「深呼吸をしてみてごらん」ということがよくあ
るかと思いますが、「息を深く吐いてごらん」といってくれ
た方が、本当は効果的なのかもしれません。
なぜなら吐けば自然に吸気が簡単に出来るからです。


人間は、食物・水分等を取り込んで、充分に吸収が済んだら
老廃物は体外に出さなければいけません。呼吸もその心がけ
ですることが大事です。


我々が住んでいる建物も同じことが言えます。
建物の呼気、つまり「換気」が大事なのです。
建物の中に溜った「よどんだ空気」やカビの胞子、浮遊して
いるダニの死骸等はどんどん出して、新鮮な空気を取り込ま
ないと、建物も大変なことになります。


古い空気だけでなく、ゴミもあまり使用しない洋服も、雑貨
も家具もどんどん出して、新しい空間を使って広々と生活を
心掛けたいものです。




最後まで読んで頂き、どうもありがとうございます。
皆様のご意見を、うかがえれば、大変嬉しいです。
戸谷奉公のEメール・・・tomo@nj-jaf.com


よろしければクリック↓をお願いいたします。




投稿者 ニッポン住宅JAF