• ニッポン住宅JAFとは
  • 支援内容
  • 入会のご案内
  • 住宅資材一覧
  • 住宅法律相談

ニッポン住宅JAF 社長ブログ

2015年7月13日 月曜日

「玄関」は、家の「顔」です。

























先日のエントリーで、「人」の顔についてお話をさせて
いただいたので、今回は「家」の顔について書きたいと
思います。



住宅街を歩いてみると、 立派な門構えの家があれば、
建売の住宅が集合した家並みなど、様々な形の家が
あります。


小じんまりとしていても、門扉から玄関までのアプローチ
に花壇や花の鉢などでキレイに飾って、通り掛かりの人を
楽しませているお宅を見かける、なんてことも割とよくあ
ります。


家は、性格人格が違う人が造れば、当然それぞれの
個性
が出ます。中でも玄関は住んでいる人の顔であり、
主のこだわりが最もよく現れる部分
です。


居住している家族が毎日目にする箇所、その家族の温もり
を感じさせる第一印象の「家の顔」、それを演出するのが
玄関です。ここのプランは、なるべく手を抜きたくないで
すね。


もっとも目につきやすい場所だからこそ、アプローチから
玄関ホールにかけて、さりげないこだわりとセンスがうか
がえ、家の周りの景観や、近隣とのコミュニケーションを
大切にする家は、近隣に住む人もそこをただ通るだけで、
人をも和ませてくれて、その家の周辺の景色まで印象がよ
くなります。


玄関に入ってホールの印象が暗いと、その家全体のイメー
ジも暗くなりがちですので、玄関を明るくする為にドアに
ガラス窓が付いたものを取り付けるなど、光を取り込む工
夫をしたいものです。


しかしこの頃は物騒な世の中ですから、どこの家でもとい
うわけには行かないですね。


玄関に入った箇所が狭いと余裕が無く、窮屈な感じになり
ます。そんなときは、壁いっぱいに鏡を張るとか、鏡張り
の玄関収納を採用すると、広い空間を演出できるのでお試
しください。


しかし、玄関ホールはなるべく余裕のあるスペースを確保
したいですね。例えば、新聞の集金の人とか、出前の応対
だったり、短時間の応対で済む場合は玄関ホールで済ませ
たほうが便利ですね。


そしてそこに花が活けてあったり、壁に趣味の絵がさりげ
なくかかっていたら、きっとその家は、温かな、コミュニ
ケーションを大事にしている家族が住んでいるはずです。


仕事先で気がつくことは、ほとんどの家が、玄関ホールの
通気・換気に気を付けていない事です。この場所には、靴
や傘、家によってはコートなどの収納が大概存在します。


通気換気が悪いと、その臭いや部屋の隅のカビの臭いがホ
ールにこもり、来訪者の印象を悪くします。十分気をつけ
たい事項です。


玄関の臭いが気になる場合、通気換気が改善されるまで、
好みで、アロマの香りを利用するのもいいのではないでし
ょうか。


靴が出したままにしてある玄関は、その家の運気が落ちる
と言われています。靴は脱いだままにしないで、玄関収納
にきちんと収納したほうが良いようです。


風水では、玄関でその家の運気を見ます。
玄関の向きでその家の気の流れが決まるそうです。
玄関が良い状態だと、 良い気を家に呼び込み、運気を良く
することが出来るとのことですが・・・


この話は、風水の専門家に任すことにしましょう(笑)


最後まで読んで頂き、どうもありがとうございます。
皆様のご意見を、うかがえれば、大変嬉しいです。
戸谷奉公のEメール・・・tomo@nj-jaf.com


よろしければクリック↓をお願いいたします。




投稿者 ニッポン住宅JAF