• ニッポン住宅JAFとは
  • 支援内容
  • 入会のご案内
  • 住宅資材一覧
  • 住宅法律相談

ニッポン住宅JAF 社長ブログ

2015年6月24日 水曜日

蕎麦には七味!


東京でもようやく梅雨入りをし、湿度の高いジトッとした日が続いています。



こうジメジメした日には、暑気払いに冷たくサッパリとしたものを食べたくなります。
この時期だと...やはり盛り蕎麦でしょうか。


盛り蕎麦を食べる際、薬味のねぎと共になくてはならないもの
「七味唐辛子」があります。いつの頃からか、代わりに山葵
が付くようになりましたが、昔はなかった気がします。


山葵のツンとくる辛さも良いですが、七味の舌にピリピリくる
感じが、暑い身体の気だるさを引き締めてくれる様で、私個人
としては七味を入れる方を好んでいます。




※画像参照元  goo辞書
http://goo.gl/aCgSG8

 
  七味唐辛子は、江戸時代ごろ
 には日本の食文化にあったよ
 うで、その名の通り、七つの
 風味を持った香辛料が入って
 います。

 その中身は

  ① 唐辛子
  ② 黒胡麻
  ③ 麻の実
  ④ 山椒
  ⑤ 陳皮
  ⑥ けしの実
  ⑦ 青海苔(または紫蘇の実

  以上の7つです。


 

近年では牛丼屋などにも置いてあり、私が立ち寄った際には、
若者が肉の上に色が変わるほど振りかけて食べていました。


私もマネをして同じようにして食べてみましたが、辛さを
あまり感じる事もなく食べる事が出来ました。どうやら、
七味の中の「陳皮」の量を増やしているようでした。


「陳皮」とは、ミカンの皮を日干しして乾燥させたものを
砕いたもので、漢方の調剤としても使用されています。
血圧降下作用があり、漢方では芳香性健胃、鎮咳薬として、
食欲不振、嘔吐、疼痛などに対して効果があるそうです。


これから本格的な暑さを迎えることでしょうし、そばつゆ
「七味唐辛子」を掛けて盛り蕎麦を食べて、乗り切って
いきたいと思います(笑)。




最後まで読んで頂き,どうもありがとうございます。
皆様のご意見を、うかがえれば、大変嬉しいです。
戸谷奉公のEメール・・・tomo@nj-jaf.com


よろしければクリック↓をお願いいたします。





  

投稿者 ニッポン住宅JAF