• ニッポン住宅JAFとは
  • 支援内容
  • 入会のご案内
  • 住宅資材一覧
  • 住宅法律相談

ニッポン住宅JAF 社長ブログ

2011年11月 9日 水曜日

中古住宅流通市場の現状




日本の中古住宅流通市場は、米国等と比較して低い水準です。それは、住宅を長持ちさせて、売るときにはより高く売ろうという欧米文化との違いが挙げられます。今後は中古住宅の「質」及び「価格」の両面で透明性を確保することが必要とされています。

品確法「住宅品質確保の促進等に関する法律」による、既存住宅の性能表示制度などは、こうした背景から促進されてきたものです。今後も、より不動産市況情報の提供促進、中古住宅の質を考慮した価格査定システムなどの普及促進が望まれる時代になっていきます。

ストックといわれる既存住宅戸数が約600万戸以上となった今、ようやく国も「住生活基本法」の制定を機に従来の新築偏重政策から「中古住宅優遇政策に転換」することを宣言しました。新築の供給が少なくない中、多くのストックから良質な物件を見極め、活かすことが求められているといえます。



ブログをお読みいただき有難うございました。
よろしければクリック↓をお願いいたします。






    

投稿者 ニッポン住宅JAF